ヘッドライトクリーニング

お悩み解決します!

樹脂製のヘッドライトは紫外線などによって時間と共に黄ばんできます。
外車に限らず日本車でも例外ではありません、あなたの車気になっていませんか?
新車のようなクリアな輝きが帰ってきます!
レンズの細かな傷や黄ばみまで取るので驚きの透明感を手に入れることができます。


上のヘッドライトは欧州車のかなり劣化したレンズです。市販のレンズ磨きなどではまったく
歯が立たなかったとの事で、当社に持ち込まれました。
上の方の透き通った所はすでにクリアーが剥がれ樹脂がむき出しで市販のレンズ磨きで
多少綺麗になっていますが、その下の曇った部分はクリアーが劣化してどうにもなりません。


ここまで綺麗にするには劣化したクリアー層も除去してしまわないと綺麗にはなりません。
もちろんクリーニング後にはレンズ保護コーティング!

色褪せを落としたあとに、再発防止のための樹脂レンズ専用ハードコート剤(シロキサン系)を塗布するので、再劣化を長期間防ぐことができます。
もちろん新品レンズの劣化防止にコーティングのみの施工も可能!

黄ばみの再発から一年以上ヘッドイライトを保護します。
※ヘッドライトメーカーやお車の使用・保管状況、お手入れによっては保護期間は短くも長くもなりますので保証の限りでは有りません。
施工例1
施工例2


施工価格:ヘッドライト左右大きさにより¥8,000円(税別)より

※価格はヘッドライトの汚れ具合大きさ等により異なります。

お問い合わせ

施工出来るレンズ

・当然黄ばみのでているヘッドライト
・樹脂製のヘッドライト
・国産車、輸入車は問いません。
・作業時間は60分~、施工後24時間は洗車は控えていただきます。
・本作業は、樹脂製レンズの外側を処理するもので、レンズ内部の汚れは除去できません。
・ヘッドライトレンズ以外の樹脂製レンズ(ウィンカー、テールレンズなど)も施工できます!
・新品のレンズの劣化防止対策にコーティングのみも行なっています。
施工はDIY出来ます こちらから


なぜヘッドライトの黄ばみや、色褪せが発生するのか?

それは、プラスチックなどの樹脂製品には黄変と言う現象やワックス成分の付着や、太陽の紫外線などが原因でレンズ表面が劣化してしまうためです。
これは経年劣化と言えるものなので、防ぐことはできない仕方のない現象なのです。
一度発生した黄ばみはコンパウンドなどで磨いて落としても一時的なもので、数ヶ月で再び元に戻ってしまいます。
完全に色褪せを直すにはレンズを新品に交換するしかありません。 10万円前後かかるそうです。
変色してしまったレンズは早いうちならかなりの割合で新品同様にまで綺麗になります。
その後レンズを保護するコーティングをしておけば劣化の進行を遅らせる事も出来ます。

もちろん新品に施工しておけば更に劣化の進行を遅らせる事が出来ます。                   
醜いレンズになる前にぜひヘッドライトコーティングしておきましょう。
プロ仕様コーティング剤販売

過去に綺麗にならなかった車種
ベンツCクラスE203 トヨタエスティマ30W,40W系 トヨタアリオンT240系 
スバルプレオRA1,2 RV1,2系